婚約者の親が毒親でした。6

婚約者の親が毒親でした。5

の続きです。

 

 

ブログを開くのがとっても久しぶりになってしまいました…

現在進行形で、毒親問題は続いています。

 

 

 

つまり、こんなに時が経っても何も解決していないってことですね😂

 

 

 

ただ時だけが流れるように進み、自分が置いてけぼりにされている感覚が

 

とても虚しくて、かなしい。

 

 

 

 

 

 

同棲を始めてから、しばらくは順調でした。

 

もちろん小さな喧嘩はたくさんあったし、

大きな喧嘩もしました。

 

 

 

同棲し始めの頃は、さすがに彼もお母さんに言われたことや、現状にショックを抱えていたので、私も先に進みたいと言える状況にはいませんでした。

 

 

でも同棲し始めて半年がたった頃、さすがの私も、

一緒に住んだはいいものの、これはなにも進んでないし、進む気配もない!

 

と思い、その頃から彼に、結婚について訴えはじめました。

 

 

 

 

家族との関係はどうするの?

私たちの今後は?

私の親にはなんて言う?

プロポーズはしてもらえるの?

そもそも一緒に住んでるけど、結婚はする?

結婚ってなっても結婚式は?

 

 

 

自分の要望や思いは固まっていても、

 

相手の考えてることや気持ちは一緒にいるだけでは理解できないことばかりでした。

 

 

 

 

当時の彼は、

「一緒に住めたんだからひとまずはそれで満足じゃないの?」

 

と言うことかよくありましたが、

 

 

私は

「一緒に住んだことがスタートなんだから、ここからすすんでいくんじゃないの?」

 

という気持ちでした。

 

 

 

どちらかが正しいわけでもないですが、

 

このすれ違いは溝を大きくしていきました。

 

 

 

 

彼にとってはとにかく私が焦って焦ってはやく結婚したい!という人にしか見えておらず、

 

どれだけ私の不安を伝えても伝わりきらなかったです。

 

 

お互いの意見に耳を傾ければいいのに

 

 

私はつい言いすぎてしまうし

 

彼はなにも話してくれないし

 

ここで

 

【価値観のズレ】

 

が生じていました。

 

 

ここで

 

そのズレを必死に埋めようとする私と

 

 

合わないから無理、という彼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【価値観が会う人】ってこの世に存在するのでしょうか。

 

 

それぞれの【価値観を受け入れ合う】

ではだめですか?

他人の結婚。

先日、高校の時の同級生が結婚しました。

 

基本的には

 

人は人、自分は自分!✨

 

というスタンスで生きてます。

というか、生きていないとやっていけないですよね🙃

 

 

お金だったり

恋愛だったり

家族だったり

 

そういうことって特に

優劣つけて考えがちで。

 

 

でも人生で人の真似っ子はできない。

 

 

だから、もう自分の人生を受け入れるしかありません。

 

頭では分かってるけど………

 

 

やっぱりそんなに強くはなれない時があります😭😭

 

 

 

 

 

 

〜高校の時の同級生が結婚したお話〜

 

高校の時はとっても仲良しで、

その時ほどではないですが、

今でもたまにご飯に行く仲です。

 

 

 

ふだんその子とは恋愛の話ってあまりしなくて、

でもその時は私の現状や彼女の恋人の話をいろいろしました。

 

 

その子と恋人は同級生ってこともあり、

結婚はまだまだで、ゆっくりお金を貯めながら付き合っていこうかなーって言ってました。

 

私はと言うと、

「婚約者の親が毒親でした。」

でたくさんお話しているように😢笑、

ここ数年結婚についてはずっと頭を抱えています。

 

私が抱えてる問題や悩みも結構聞いてもらって、

一連の話で傷ついて落ち込んでいた私は

少し元気をもらいました。

 

結婚の問題に直接関係ない人に愚痴みたいにとにかく喋り倒して息抜きするって

 

スッキリしてちょっと気分転換になりました🎶

 

 

人生大変だよねー

上手くいかないよねー

結婚、家族って難しいよねー

 

って話をいろいろして、

 

 

最後はその子が

「私はまだまだだけど、もし結婚するってなったらアドバイスよろしくね!大変だと思うけど頑張って✨✨」

 

と励ましてくれました。

 

 

私も

「こんなドロドロな話、参考になるかわからないけど、もし力になれる時があったらいつでも!また数ヶ月後ね〜😊」

みたいな感じで終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな会話をしてから2ヶ月後…

 

その子からLINEがきました。

 

 

「やっほー✨元気ー?

突然なんだけどさ、私婚約したわ😂www

○○(私の実家の最寄り)に住むことになったからおすすめのお店とかあったら教えて!w」

 

 

 

ときました。

 

 

 

 

私はそのテンションの違いと戸惑いで

しばらく涙が止まらなかったです。

 

 

そして何より、

大切な友達が結婚するという話を聞いて

 

心から喜べなかった自分が

 

憎くて悲しくて申し訳なくて

 

 

 

結婚ってなんでこんなにも人を不幸にするんだっておもってしまいました。

 

 

 

 

 

その後少し冷静になって、

LINEでしか連絡してないものの一言「おめでとう」 は伝えました。

 

 

 

 

 

 

そしてその子が数日前に結婚しました。

 

でも直接連絡は来ず、

 

 

お決まりのInstagramの投稿で知ったので

 

 

 

私からも特に連絡はしてません。

 

 

 

 

 

 

 

この一連で、正解は何だったのか

私はどうするのが、どう感じるのが、

友人としてあるべき姿なのか分かりませんでした。

 

 

いや、友人としてあるべき姿は

キラキラの絵文字いっぱいに

「おめでとう〜🎉✨🎶💓💞」

って連絡して、

Instagramみたよ😍お祝いしなきゃね🎂」

 

なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

でも自分を守りたくなっちゃう私は

そこまで大人になれませんでした…

 

そもそもそんなに大人にならなくちゃだめですか…

 

 

自分がとても苦しい時に

人の幸せを心から喜べるようになるには

 

どうしたらいいんでしょう。

 

 

婚約者の親が毒親でした。5

 

婚約者の親が毒親でした。4

の続きです。

 

 

引っ越し当日ですが…

 

 

結局当日まで話は何も進みませんでした。

 

 

 

荷物を移動させた後に改めて実家に戻り、彼氏はバトルに挑みました。

 

 

 

詳しく話した内容は私にはわかりません。

 

 

ただとにかく

 

「こんな風に育てた覚えはない」

「こんなに苦労して育てたのに親孝行がなかってない」

「縁を切る」

 

などなどを言い続けてたそうです。

 

 

 

…たとえば何も報告せずに、突然、

 

同棲

 

と言っていたら、このような対応になってしまう親御さんはたくさんいるかもしれません。

 

 

でも実際は、何度も説明したいとお願いしましたし、

現実的な話、息子はもう30代なんだから

子離れしなきゃいけないのは当然なんです。

 

 

 

 

 

まぁ、そんな話が通じるわけないんですが。

 

 

私自身は、自分の家族ともいろいろあったので

 

家族で傷付けあってしまうこと

それに伴う喪失感

家族とはいえ、所詮他人だということ

 

 

こういったことには免疫があります。

 

しかし、それまで反抗期もなかった彼にとっては相当堪えたようで…

(反抗期がなかったことが全ての元凶な気がしていますが、そんなのは今話しても仕方がないことですね)

 

 

今までに見たことがないくらい悲しんでいました。

 

 

 

本人の方が数倍辛いはずなので、私はただ抱きしめてあげることしかできなかったですが

 

 

私も本当に苦しかったです。

 

 

 

 

 

 

その日私は彼を実家に送り出す前に

「ここまで話を進めてきちゃったけど、家族ことを大切にすることは決していけないことじゃない。だから、もし、そっちを優先したいという気持ちになったら、その気持ちにしたがってほしい」 

 

と伝えました。

 

 

余裕があるようにみえますが、

私はその時本当に、もう終わりかもな、って思ってました。

 

 

簡単にいうと

 

私か、お母さん

 

彼はそのどちらかを選ばなくてはならなくなりました。 

 

 

 

根っから優しい彼がお母さんに強く反抗できないと思ってたので

 

ほんとにほんとに終わった、と思ってました。

 

 

 

 

 

 

夕飯も食べずに深夜になって、

聞き慣れない新居のドアが

 

「ガチャッ」

 

と言った時は

 

 

 

とにかく狭い部屋の中をダッシュして

 

玄関まで向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

彼は、新居に来ました。

 

この家が、私たち2人の

「帰る場所」

になった瞬間でした。

親子とか家族とか。

 

家族について思うことを綴ってます🖊

 

 

私はまだ自分が親という立場になったことがありません。 

 

なので、

 

「親の気持ち」

 

というのは想像の範囲内でしか理解できず、どんなに頑張っても本当に理解できるのは身をもって親になった時だと思います。

 

 

その時になったら、

かつて自分の親に抱いていた疑問や、今感じていることは

納得できるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

ただ、ひとつ言いたいんです✋

 

 

子は

 

自分のやりたいこと、やりたかったことを叶えてくれる「分身」ではありません。

 

自分の指示通りに動く「道具」じゃありません。

 

所有権を争う「物」じゃありません。

 

お金を提供する「財布」ではありません。

 

無条件で家事をこなす「奴隷」ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

親も子も、それぞれ精神も肉体も独立した

 

ひとりの人間なんです。

 

 

特に成人して金銭的にも社会的にも独立してるなら尚更です。

 

 

 

 

「家族だから」

「家族だから」 

 

と、血が繋がった家族に対してはいろんなことを求めがちですが

 

私は(個人的な意見です)家族も結局は

 

ひとつのコミュニティに過ぎないと思うんです。

 

 

 

歳も性別もバラバラな人たちが集まるコミュニティ。

 

そんな一見バラバラな人達が

 

「家族」というひとつの目に見えない繋がりで上手に繋がる方が奇跡だと思うんです。

 

 

 

私は、だからこそ家族は、みんなそれぞれ違う価値観の人間だという前提で、それぞれを尊重するべきだと思ってます。

 

 

 

 

 

なんだか暗く長くなってしまいました😫

 

私の気持ちが正しいのかはわからないですが…

 

そもそも正解なんてあるのかもわからないですが…

 

 

考えはじめると永遠に終わりません☔️

婚約者の親が毒親でした。4

 

さて、実際の引越しが近づいてきたわけなので

 

彼にお義母さんの都合を聞いてもらい、

さすがにご挨拶をと思い、お会いする 日にちを設けました。

 

私はその日に向けて

それなりのお菓子を買い、準備してました。

 

私の一人暮らしの家と彼の実家は徒歩圏内なので、てっきりご実家か、もしくは近くのレストランなどでお会いするのかなと思ってました。

 

前日になって、彼氏にどうするのか聞くと

まさかの…

 

 

 

 

 

 

「ごめん、なんかやっぱり無理って言われた」

 

 

 

 

 

え??😅

 

 

 

まさかのドタキャンでした…

 

後々確認したところ、特に急用があったわけでもなかったそうで、家にいたらしいです。

 

 

一社会人として、ありえない態度だなと思いましたし、

百歩譲って謝るべきです。

 

私は、会ってくれないなら仕方がないのでその日は諦めましたが

とりあえず改めて日にちを設けたい旨は彼氏には伝えて、待つことにしました。

 

 

 

 

 結局

 

 

そのリスケにも応じてくれることはなく

 

彼が話を進めようとしても

お義母さんは「今忙しい」

の一点張りで

ろくに会話が出来ずに

 

気づけば引っ越しはすぐそこでした。

 

 

 

なんともこの出来事は

今後の雲行きを表している気がして…

じわじわ悲しくなりましたね…

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に包装してあったそれなりのお菓子は

 

私が1人でこっそり涙しながら食べました。

婚約者の親が毒親でした。3

 

 

なぜ同棲をしようと思ったかというと…

 

 

単純に、私の一人暮らしの部屋の更新がきたからです。🏠💰

 

その頃にはもう彼も実家には寝に帰るだけ、というかんじで

平日も夕飯は毎日うちで食べてました。

 

私たち的にも付き合って4年?くらいは経っていたので、

そろそろ次のステップに進んでもいいかなという気持ちでした。

 

 

ただ、もちろんそれもスムーズにいったわけではなく…💧

 

私が常に催促しないと話が進まない状態で。

 

彼は同棲が延期になっても帰る家があるからいいですが

私は家がなくなってしまうので…

 

もうそこから温度差が激しかったです…

 

 

私の親も、さすがに結婚前の同棲なので

いろいろ聞いてきたりはしましたが

 

基本的に私が成人してから対等の人間として私の意見を聞いてくれるので

お互い納得するかたちで引越しすることになりました。

 

私の親は彼は既に紹介済みだったので特に問題なく終わりました。

 

 

相手の親への報告はというと…

例によって私のことを話すのはタブーで、

私が突然登場するわけにはいかないので…

 

とりあえず彼に、

 

私と付き合ってること

結婚も考えてるから同棲したいということ

 

などなど伝えてもらおうと任せました。 

 

 

そして私は話が追いついてきたら

実際に引っ越す前に挨拶にいこうと思ってました。

 

私もいろいろ首を突っ込もうと思ったのですが

彼も自分の家族のことだから、と

あまり多くは語ってくれなかったので

 

任せきりにしてしまいました。

完全に信頼しすぎましたね。

 

 

 

 

 

 

 

これが大きな間違いだったと気づいたのはつい最近です😱

婚約者の親が毒親でした。2

まず私たちについてさくっと自己紹介したいと思います✨

 

私→20代 学生の頃から一人暮らしの社会人

彼→30代 1年前同棲を機に初めて実家を出た社会人

 

 

今思い返せば、当時から変な家族だなと思うことがたくさんあります。

 

私の家族も人のこと言えませんが…

 

 

当時はとにかく息子大好き過保護過保護

って感じで

 

昔、私の前の彼女と付き合った時にも

彼女が出来たと知ったら1週間夕飯出てこなかったらしいです笑笑

 

その時に私もいろいろ勘づけばよかったなと

 

今になって思います。笑

 

 

ただ、私たちももう6年付き合ってるので、

 

彼がいい年頃になれば、孫も見たいだろうし

難なく結婚できるだろうって

 

呑気でした〜〜😭

 

 

付き合っている間も、さすがに彼女がいるってことには気づいたみたいなんですが

 

もちろん彼の家ではそういう話はタブーなので

 

週末家族とじゃなくて、彼女と過ごす息子がとにかく気に入らなかったみたいです。

 

え、もう30代の男の話ですよ?

 

中高生の女の子がお父さんに止められるとかならまだしも!

30代ともなれば逆に週末デートしてるって健全だから!っていう!

 

 

そんなこんなで彼のお母さんには1度も会うことなく

 

 

彼と私は同棲の準備を始めるのでした…😨